yukizuの日記

22歳 男子大学生の ゆるゆると生きていきたい人生の楽しみ

本を読んでしっくりきた話

こんにちは。ユキズです。

 

5月くらいから、何か集中力に欠ける、何をしてもどこか入り込めない感覚があった。

 

疲れてるんだろうと考えていたけど、6月になっても 直らなかった。

 

これは精神的なものだと思って、ネットに助けを求めた。

 

最初に目に入ったのは、うつ病 でした。

病院に行ってないので、本当はうつ病だったのかもしれないけれど、症状としては当てはまらないこともあって、違うだろうと思っていた。

 

その次に来るのは、燃え尽き症候群

今まで頑張ってきて、何かを成し遂げたあと 目標もなくなり、行動力が落ちるもの。3月まで頑張ってた時期はあるけど、4月は それほどだった。活発には動いていたけど、目標を達成したとかの 前提がなかった。これも違うだろう。

 

本当にどうにかしなければという思いで、すぐやる人やらない人 の違いを書いた本を買い、今日読んだのだが、そこにある単語があった。それは、「学習性無気力」。

 

何かをやって、失敗が続きすぎ、自分に価値を見出せなくなる。これ以上の行動が抑制される。というものだった。

 

実は 5月入るくらいから、上司に怒られる回数が格段に増えた。自分のミスもあったが、腑に落ちない部分もあったりして、でも、それを周りに話すこともしなかった。

 

自分はダメなのだ と思ってしまい、どこか諦めていたのだろう。

 

最近は 自己暗示をかけたりして、少しはよくなった気がするが、原因がわかっていなかったのが気がかりだった。

 

今回 それが しっくりきた。

嬉しいことだ。

 

これから もっと楽しく活動的に生きていきたいと思う。

 

情報が溢れているからこそ、多くの情報は 埋もれている。

そんな時、少し整理するために アナログのものを利用することもいいだろう。

 

本は偉大だ

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

頭の中

きっと誰しもが頭の中に 誰かがいて、この人はどう思うだろう とか考えると思う。

 

自分の中にも そんな人がいて、たまにたくさんの人が喋っていて とてもうるさい。

 

それはきっと 自分がそう思ってるからだろうし、周りを気にしすぎていて、囚われているからなんだろう。

 

この喧騒を完全に取り去るのは難しいかもしれないけれど、せめて 大切な人だけが 頭の中にいてくれるようにしたい。

 

頭の中にいるのだから、現実で場所を変えたってどこまでもついてくる。

 

さあ、誰の意見を大事にする?

慣れとイレギュラー

実習に慣れてきた。

 

同じことをするのは好きだ。だんだん考えるより先に行動できるようになる。

 

だからこそ、予想外の事態に陥るとビックリしてしまう。

 

いつもと違う。どうしたらいつも通りに戻るのか。驚いて対応が遅れる。

 

今日、予想外の出来事が起こり、対応が遅くなり、怒られる事があった。

 

常に予想外を予測しておくのは大変難しいことだと思う。

 

人間というのは、一定期間 同じように物事が続けば そのままいくだろうと思ってしまう事が多い。

 

たまに 何かイレギュラーが起こるくらいが、危機感を持ち続けられるという意味で とてもいいだろう。

 

何かを怠って起こった事でないのであれば、対応を直ぐに考え、実行に移る。

 

自分の最善を尽くしたが、それでもうまくいかない事はある。

 

次に同じ事態が起こったら、対処できるようにするしかないのである。

 

似たような事態になる可能性を、恐怖に感じる事は、それだけ それに備えられるという事だ。

 

今日あった事は、次こそ もっと上手く対処してみせる。やってやる。

 

それでは、また次の記事で会いましょう。

自分は偉い

今日も朝から頑張ってる

 

他人の事も、本人が来る前に手伝って ほぼやっておいた。

 

たくさん動いた。

 

今日も 俺は偉いな〜

 

こうやって 自分を褒めてあげる。だって、誰も褒めてくれないんだもの!笑

 

他人は他人 とは言え 関わっていくならば、他人と切り捨てる事が出来ない時もある。

 

だからこそ、自分を褒める事で これからも頑張ろう!と思える。

 

人のために頑張った と思うのも、押し付けがましくなければ いいじゃないか

 

まあ、密かに 今度何かあった時 手伝ってほしいな〜とかは 思っているんですが、、、、

 

いつか 自分の行為が 誰かに認められて 褒められるといいな〜

 

午後も 張り切っていきましょう!

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

寿命と知識と大きさ

ファンタジーの物語が好きだ

 

心が躍るし、自分も魔法とかが使えるのならば、使ってみたいという憧れがある。

 

周りの種族も、人型のものでも、いくつもあって、生きている時間が違う。

 

エルフなどは寿命が何千年と書かれているものもあるし、ドラゴンとかが出てくれば、寿命はほぼ無いに等しいほどと書かれているものもある。

 

彼らは大抵、知能が高いと言われていることが多い。それだけ長く生き、経験し、学んできているからだろう。

 

そして、その知識を書物にすると、とてつもない大編ができるのではないだろうか。それこそ、広辞苑なんて目じゃないくらいの。

 

彼らは寿命が長い。その分書くのにかける時間も長いだろう。そして、それを読む同種族も時間がある。

 

分厚い本だらけ、もしくは、続編が こち亀 してるだろう。

 

特に何が言いたいというわけでもないが、寿命は、その者が作る物の大きさや量に深く関わっているのかなと思った。

 

犬などにとって、人間の書物は 一生では読みきれない情報量なのかもしれない。犬は字が読めないというのは、今回は置いておいて欲しい 笑

 

AIが誕生しようとしているが、彼らの寿命は永遠だろうから、どれだけ大きなものが作られるか楽しみになってきた。

 

それでは、また次の記事で会いましょう。

流行に遅れる

ゲームアプリのwinning eleven を始めた。

 

以前、2回くらいインストールしてアンインストールしてを繰り返したから、初めて始めたわけではない。

 

けれど、周りがだいぶ遊んでいて、楽しそうだしもう一回入れてみるかな〜となり、始めた。

 

周りと差が開いているので、自分が弱いことも下手なことも十分わかっている。

 

なので、ガチャとかも楽に回せるし、誰が強いのかとか どこに注目したらいいのか、なんてのも周りに聞ける。

 

これは、上達しやすいのでは?

そう思った。

 

始めるタイミングが遅いのは、ハンディキャップと思う人も多いと思う。

 

確かに もっと前から始めていれば、今より上手になれているかもしれない。

 

けれど、得られる情報は少なく 成長速度も今より遅かったかもしれない。

 

そんな事は、起きなかった事と起きた事で、比較なんてできない。

 

今が そうであるという事実しかない。

 

それならば、今 それを受け止めて、ポジティブな面を 美味しくいただけばいいのではないのだろうか。

 

早く始めるということは、情報が少ない。手探りだ。

失敗する事も増えるだろう。

 

それは、挫折して辞めてしまう可能性も大いにあるということ。

 

情報が多いということは、対策もできるし、遅く始めたのだからまだまだこれから、というような気持ちも持てる。

 

遅く始めるメリットは割とあるのではないかと思う。

 

やりたいことを我慢して、誰かが始めてから始めるのは おススメしないが、誰かが始めているからといって これからの楽しさを捨ててしまうのはもったいない。

 

情報は成長速度も上がると思う。

 

成長速度が速いというのは、それだけ「自分はできる」と実感できる回数も多いということになる。

 

何かを始めたいけど、もうあの人がやっているしダメかなって思ってるような人は、とりあえず楽しんで始めてたらいいと思う。

 

それで、自分の人より先に始めていた人に たくさん話を聞きに行くといいと思う。

 

そうすれば、人生が豊かになる、そんな気がする。

 

みんなで楽しい人生を送ろう

 

それでは、また次の記事で会いましょう。

瞑想の楽しさ

気が向いた時に、瞑想をします。

 

基本的に 瞑想を10分くらいすると、眠くなってきちゃうので、夜 寝る前が多いです。

 

本格的な瞑想じゃないので、効果があるかどうかと言われると よくわかりませんが、やってるんです!

 

気をつけている事は、3つだけ

  1. 調身
  2. 調心
  3. 海と森と空気

 

1つ目の調身は、自分は身体がかたくて、坐禅とか足痛くなるので、それっぽい格好をして、手のひらは上を向くように(天からエネルギーを受ける 皿みたいなイメージ?)、上体は 地面から真っ直ぐ伸びる草のように、それでいて リラックスする感じです。

 

2つ目の調心は、呼吸に意識を向けて、とりあえず 吸って〜、吐いて〜、とかを考えて、周囲にあるものの認知を減らす感じで、外界からの刺激を減らして 落ち着けるようにしています。

 

3つ目の「海と森と空気」は、自分的に1番大事な部分で(まあ、1つ目、2つ目が終わらなければ ここにたどり着けないんですが 笑)、まずは、海の中に頭が浸かるまで沈み、身体の皮以外が水になるようなイメージをします。

 

そうしたら、自分は蒸発して 森の中に移動させられます。森で、綺麗な水と空気と太陽の光を浴びて、全てと溶け合っていきます。

 

それだけです。笑

 

イメージの中で、自分が無になっていって、最後は 全てと同じになる。

 

うまくいったな〜って時は、瞑想が終わった時に、顔が笑ってます。

周りから見たら、相当怖い人です 笑

 

こういうのは自己満だと思っているので、どんな風にやっていてもいいと思います。

 

海と森と空気 とか、自己流すぎて ただの妄想です 笑

 

宗教もたくさんあるので、それぞれで 個性のある形があるんじゃないかな。一つにこだわる必要はない。

 

yukizu教は、なかなかクレイジーだと思うので、よかったらどうぞ 笑

(そんな宗教はないので、安心してくださいね)

 

それでは、また次の記事で会いましょう。